12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kumiko

Author:kumiko
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

London

2014.01.28 17:24|他エリア
london (4)

3日目は超早起き。
4時か4時半ごろ起きましたかね~。
やればできます(笑)

前日にホテルのフロントに予約していたタクシーもちゃんと来てくれ、
スムーズに15分ほどでパリ北駅(Gare du Nord)に着きました。
まだ真っ暗なので駅構内はこんな感じ。
tabi⑰
クリスマスムードいっぱい♪
クマのリースが可愛い!

ここも終着駅なので頭端式のホーム。
雰囲気ありますね。

さてどこに向かうかといいますと、
夫たっての希望でユーロスターでロンドンへ行きます。

この夫の希望により、チケット手配とか余計な・・・モトイ、
いろいろこまごまと大変な作業がありました^^;

あーでもない、こーでもないとPCに文句も言いながら、
落ちついたのが現地の会社主催の「パリ発日帰りツアー」。
ユーロスターを個人で手配するよりか随分お安かったんです。
理想はロンドン1泊でしたが、そういうツアーが無くて断念。
ホットホリデー

6時半にユーロスターのカウンター付近で
パリスタッフの人からチケットを貰い、
出国&イギリス入国審査を通過してユーロスターに乗り込みました。
この日ツアーで一緒になったのは日本人親子3名と
スペイン人らしきカップル2名。

london (8)
ドーバー海峡渡ってるぜっ。

2時間15分ほどでロンドン到着。

セントパンクラス駅
tabi⑳ 
ツリーがオシャレですね♪
ここで8時半くらい。パリとの時差が1時間。

駅から、迎えにきたワゴンでロンドンの旅行会社のオフィスに行き、
バスのチケットなどを貰ってようやく解散~自由行動。


お~ロンドンだね~☆
london (10)
この人。。。どなたでしょう≧∇≦;
私たちが入ってる写真もありますが、こちらの方が絵になるでしょ^m^
調子に乗ってお馬さんをなでなでしていた人が
この騎乗の衛兵さんに一喝されていました^^;
お馬さんも職務遂行中につき、Don't touchでお願いいたします。

The Mall
tabi⑱
バッキンガム宮殿までの大きな通りです。

宮殿向かって左手はセントジェームズパーク。
ここに公衆トイレありました!!無料!
リスが走り回っていた♪
沢山の人が宮殿に向かって歩いています。

沿道はびっちり人・人・人。
london (16)
ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚パレードを思い出しますね♪

クィーンビクトリア記念碑
london (18)
宮殿にはユニオンジャックの旗が揚がっていますね。
「女王は本日いらっしゃいます」って印です。

観光客のお目当ては・・・
tabi⑲
衛兵行進&交代。

なんでしょうね~。この格好よさは。
悔しいくらい、絵になる~!!


バッキンガム宮殿ゲート内では衛兵交代が行われているのですが、
なんせこの人だかり。
london (20)
まったく近づけず。

過去3回ロンドンに来て、こーんな混んだ光景見たの初めて。
ハイシーズンとオフシーズンってこんなに違うんですね。

人波を掻き分けながらこの場を離れました。

地図を片手に歩いて歩いて。。。着いたのは
london (24)
ウエストミンスター寺院

ウイリアム王子の結婚式もこちらでした。
寺院内も素敵なのですが、こちらも大大行列で(-。-;)
断念。


行列のできた売店
london (25)
ここ、『世界ふれあい街歩き』に出たのよね~♪

ウエストミンスター寺院の近くにはテムズ川が流れ、
LONDON (6)
国会議事堂。
このシルエット、カッコイイなぁ。

そしてビックベン!
LONDON (7)
大人気です。

さて、そこからは地下鉄(underground)移動。
Tottenham Court Roadで下車して地上に上がると。。。
london (27)
フレディ・マーキュリー!

こちらはドミニオンシアター。
ミュージカル『WE WILL ROCK YOU』上演中。

あぁ~ミュージカル、、、観たかった、、、TmT

さて目的地は間もなくですが、ちょうどお昼時。
お腹が空いてきたところで、見つけました!
イギリスで食べておかなきゃいけないもの。
tabi21.jpg
夫はナントカっていうポテト料理。
ポテト×ビーンズ。。。(|||-ω-)…
私が絶対選ばない組み合わせ。
でもさすがの夫も、
「ほんとにポテトと豆だけとは思わんかった。」

右下は『フィッシュ&チップス』

なんでしょうかねぇ。。。
('ェ';)
イギリスっていうのは食文化は正直大ざっぱだと感じます。
このフィッシュ&チップス、素材はいいんです。
白身魚のこんな大きな揚げものって日本ではなかなかお目にかかれないし。
でも、要は「揚げただけ」のこの取り合わせが
名物料理になるところが。。。イギリスって感じ。

イギリスには今回を含めて4回訪れている私ですが
食事が「美味しい!」と感じたのは1度だけ。
25歳の一人旅、Windsorで食べたチキン料理、あれは美味しかった。

けど、それ以外は印象ないんだなぁ。
王室もあるのに、どうして食文化が発展しなかったのかしら。。。
不思議。

ぶつくさ夫とナンクセをつけながらも、
もちろんまずくはなかったので、お腹もしっかり満たされました。

さて、目的地。
london (33)
大英博物館。

ここもすごい人出です。
入場料は無料。
その代わり、募金箱が設置されています。

まずは、こちら

ロゼッタストーン。
london (35)
キタ ━━━ヽ(´ω`)ノ ━━━!!
教科書に載ってた~と誰もがテンション上がります。


あとはとにかく古今東西の美術品?が山ほど。
tabi22.jpg
あっちを見てもこっちを見てもミイラ、、、みたいなエリアでは
その希少価値をわかってはいるものの
「ハイ、またミイラね」みたいな感覚になりました(笑)

それに夫が言うの。
「こんなに立派に飾っているけどさ、要はほとんどが略奪品だよね」
た、たしかに。(¨;)

佐賀人としはここで出会えたことに感動!
tabi23.jpg
有田 酒井田柿右衛門の焼き物。
なんだか誇らしいですね☆

それと別ゾーンでは有料で日本の「春画」の展示が行われていて、
結構人気みたいでしたよ。
私たちは時間がなく諦めました。

ロンドンの地下鉄
london (46)
空間は明らかに狭く。
よって、電車もすごく小さい(背が低い)。
LONDON (7)
それだけ地下鉄が作られた当初のままのサイズで
使っているということでしょうね。

地下鉄では人間観察が楽しいんですが、
多少キョロキョロしても観光客だから許されるかな~なんて。
イギリスの男の子はカッコイイ子が多いと思いました。
私好み(*´艸`*)
フランスは飾らないかっこ良さがあると思うんですが、
イギリスの男の子たちはファッションをすごく楽しんでいる感じ。
ベッカムがやったことで日本でも流行っている「2ブロック」の
ヘアスタイルの子を沢山見かけました。
これがまぁ、似合うのなんのって。
日本人がするのとは~、あーた、全然違いますわね。
それにファッションはトラッドスタイルも多く、
それが2ブロックともよく合って素敵でした☆


はぁ、またガス欠。
ロンドン後半はまた後日。

旅レポばっかりでごめんなさーい。
次こそ作品up!
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。