05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kumiko

Author:kumiko
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林麻央さん

2017.06.29 13:47|つれづれ
麻央さんが亡くなってしまった...


知り合いでも何でもないけれど、
悲しくて、悔しくて、涙が出た。


病は人を選ばない。
どんなに善人でも
どんなに心美しくても
まだこれから沢山の愛情を必要とする乳飲み子がいたとしても。

病は非情です。



私も難病と名の付く大病を得て、
家族を巻き込んで、
苦しくて、悲しくて、情けなくて、
どうしようもない感情に
押しつぶされそうになったり、
そして人が羨ましかったり・・・


そんな経験をして、
病の非情さを嫌というほど味わいました。


「神様は乗り越えられない試練は与えない」

とはいうけれど、

そんな試練、ホント要らない!!
って、何度思ったか知れません。



麻央さんは、私のようにひねくれものではないから
そんな風には思わないのでしょうが、
それでも、麻央さんが、あの若さで、小さなお子さんがいる身で
乳がんに罹患して、そして見つかった時には手遅れで・・・
そんな病の非情さを憎らしく思います。



でも...
麻央さんは、ある意味とっても幸せだったとも思うんです。

治療に専念できる環境だったこと。

これは、患者にとってとても大きく、ありがたいことです。

もちろん、妻としての母としての役割ができないことで苦しいこともいっぱいあったと思います。

けれど、それでも、家族の全面的な支援を得て、
何より、愛情を得て、治療に専念できた。
それがあったからこそ、麻央さんの命はここまで繋いでこれたのだと、私は思います。
麻央さんは、とっても幸せだった。
そう思います。


私も、夫をいっぱい悲しませて、
家族にも、辛い思いをさせて、
それが苦しくてたまらなかったけれど、
でも、私はそれ以上に、
沢山の愛情で守られてきました。

1年先のことを考えるのも怖かった時期もあったけれど、
今生きられていること、
本当に家族の支えなくしてはありえません。
そう、私もとてもとても幸せ者なのです。
そんな大事なことをすっかり忘れて生活してしまっているのですが、ほんとそうなんです。

だから、思うんです。
麻央さんは幸せだった。


麻央さんは、がんという病に力尽きてしまったけれど、
でも、麻央さんの生き様は、
多くの人の心に刻まれました。
彼女のBBCへの寄稿文にあったように
「彩り豊かな人生だった」
そう思います。


麻央さん、よく頑張りました。
どうか、安らかに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。