08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kumiko

Author:kumiko
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンク&ホワイト!

2012.01.22 13:40|ドライフラワー

DSC_2572.jpg

こんにちは。

風邪、こじらせずに済みました。
昨晩は豚しゃぶで身体の芯まで温まりました。
今日のお昼は残ったお汁でうどんです。楽しみ~。
夫は部下数十名の評価表と格闘中。
昨日はジョイフル、今日は図書館に缶詰めです。

それも業務なのだから勤務時間中にすればよかやん!
・・・と簡単に嫁は言う。

できるんならやっとるよ、と眉間にシワ寄せて夫は言う。

ま、がんばりんしゃい!
・・・とあっさり送り出す鬼嫁kumikoです。


先日、ずいぶん前に録画していた「悪人」をやっと夫婦で見ました。
深津絵里さんが海外の映画祭で賞を取った映画です。
長崎・佐賀・福岡が舞台。
なんとあの深っちゃんが、佐賀生まれ佐賀育ちで高校卒業後も
地元の紳士服店に就職した「さえない女の子」(といってもアラフォー)という設定。

私たち夫婦は25歳で知り合うまではお互いを知らなかったけれど、
佐賀生まれ佐賀育ちの同い年夫婦なもので、
佐賀のシーンになると
「あ゛ーーーーー!佐賀駅ーーーー!出たッ!(笑)」
「今の建物、開成小じゃなか?!」
「あ゛ーーー!ここ鍋島のFUTATAじゃなか?!」
といちいちうるさい!そして大爆笑。

で、「佐賀で深っちゃんみたいに綺麗な子がおったら、間違いなく話題になるよね。
絶対埋もれたりせんよねー」

ほんとうるさい夫婦。

でも育った環境も世代も一緒だからね、共通項が多くて楽しいんですよ♪
それに佐賀県って人口が福岡市よりも少ないんでね、
びっくりするほど「共通の知り合い」が多いのです。
私の友達の旦那さまと夫が小・中の同級生だった!とか。
夫の母と私の友達のお母さんが高校の同級生だった!とか。
そういうの、数知れず~。
私の母の同級生と夫のお姉ちゃんが職場の同僚だったし。
きっと都会にお住まいの方には想像がつかないくらい、狭い世界です。
でもそれが当たり前だから、それが心地いいんだな。

あ、そうそう、ボラのサークルで小城出身の方がいらっしゃいます。
それがわかった時もお互いビックリしてそれ以来佐賀話小城話で盛り上がってたんですが、
最近判明したことがありまして。
私の父がその方のおばさまにたいそうお世話になっていたんです。
父の小学校の時の担任の先生だったってことがわかって。
まぁびっくり。

佐賀やな~ってつくづく思いました。


+++


さてさて、今日は大作を2点ご紹介。
ピンク&ホワイトリース
DSC_2570.jpg
こちら、だいぶお待たせしたオーダーリースです。
やっと作ることができました。
アイビー以外はすべて花。
(アンモビューム・千日紅・貝細工・ミニバラ)

挿しても挿しても埋まらない、気の遠くなるような作業ですが、
その分、出来上がった時の達成感は大きかったです☆
お客様にも喜んでいただき、ホッとしています。
しかし、ほんとお待たせしました!

Dimple*さんのblogでもご紹介いただいています♪

ピラミッド紫陽花のセパレートリース
DSC_2478.jpg
こちらも大きなリース。
大輪の芍薬・ピンクの大ぶりのバラが主役。
アナベルでもミナヅキでもない、ピラミッド紫陽花の美しく淡いグリーンが主役を引き立てます♪
DSC_2482.jpg
こちらもDimple*さんにてギフト用にご購入いただいたそうです♪

MさまにYさま、ありがとうございました!

(Yさま、今度メールします~m--m)

+++

テレビでは都道府県駅伝で今のところ佐賀が1位!!
人口85万人弱の小さな県が、1位よ☆
さ、応援に専念しよう。

ではまた~
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドの作品たち
ジャンル:趣味・実用

コメント

素敵なのができましたね~

kumikoさん、おはようございます~
またまた素敵なリースができましたね~
昨日のもよかったですね~
この作品を生む発想はどこから~?とさぐってみたくなります!
色合いがとってもいいですよね~

「悪人」私は映画館で見ました。
サブタイトルの(たしか)「だれが一番悪人か」。
本当にそう思いました。
役者さんみんなとてもいい演技でしたね。
深っちゃんも地方の、冴えない、しかし何か刺激を求めるアラフォーの役がにじみでていたし、
妻夫木クンもちょっと軽いが、一生懸命さの出ているやはり妻夫木クンだったですね。
この情報過多の世の中で、地方で一生を終えることの不満や欲望、
そしてちょっとした事が次々と悪いほうに転がっていく怖さ。
発する言葉の強さ、重さ。
・・・随分前に見たので忘れた部分も多いのですが、そんなことを思った記憶があります。
それにしてもあの灯台が「どこにあるのだ~~??」って、調べました。
五島列島の大瀬崎灯台ですって。
いいところを見つけて使うんだな~って思ったことでした。
それにしても佐賀通のkumikoさん御夫妻、
映画の中で知ったところがいっぱいあって、
盛り上がったのですね~
人によっては旅行などは夫婦でしても面白くない、と言う人もいますが、
テレビで旅行先でみた景色とか、知っている場所が出てくると、
「ここここ!!」なんて言ったりしていいですよね~
これも夫婦ならではの会話かな~~なんて思うのです。
いっぱい書いちゃいました~

kyoさん♪

こんにちは~。
いっぱいコメントありがとうございます\^^/

悪人、映画館で見られたんですね!
そしたらあの灯台のシーンはまたよりダイナミックに映ったでしょうね☆
あの場所、五島列島でしたか!ほんっと素敵な場所でしたね☆
映画の内容はタイトルで感じたものよりも重かったように思います。終わってから夫婦して「重かったねぇ。悲しかねぇ」とつぶやいていましたよ。

私も夫婦での旅行は大好きですよ!
やっぱり思い出を共有できるところがいいですよね。ほんとテレビなんかで行った場所が出てくると海外でも、どんなに近場でも「あ!行った行った!」ってそれだけで楽しいですよね^^♪
最近旅行らしい旅行に行ってないなぁ。kyoさんはどこか行かれましたか~?

ピンク&ホワイトリースは以前作った画像を見られて、「これの大きいの!」というリクエストでした。多分・・・7,8時間くらいかかった気がします^^;
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。