06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kumiko

Author:kumiko
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

イタリア旅 ⑪

2015.08.09 01:20|イタリア旅*2014年末*
italy (738)

フィレンツェを発つ朝はこんな食事で済ませました。
落ち着く味~☆

このプチホテルには早朝のスタッフはいませんで、
「部屋のカードキーは外に出たら処分していいですから。」
と前日に聞いていました。

へぇ。
人件費削減できてそれが価格に反映されているんだろうな。
私たち夫婦にはありがたいプチホテルです。

すごい音のする狭い狭いエレベーター。
italia (457)
あの音は歴史の重みなんだなぁ、きっと。


時刻は6時くらい。
まだ真っ暗なフィレンツェの街をスーツケースを引っ張って歩くこと10分ほど。

フィレンツェ中央駅着。
italia (459)

ツリーに願い事・・・?
italy (743)
七夕みたいなものか^^


この旅2回目のユーロスター。
italy (748)
さよなら、フィレンツェ。

プリマ(ビジネスクラス)の車内。
italy (750)
2+1シートで広々~

約2時間の旅、一人¥5000くらいだったと思います。
割安感ありますよね☆

買っておいたクロワッサンと、車内サービスのドリンクとスナックで小腹を満たす。
italia (465)


朝日!
italy (758)

目指すは、Milano【ミラノ】。
ローマ~フィレンツェ~ミラノと徐々に北上していて、
雪~☆
italy (759)
ううっ寒そう!


8:40 ミラノ到着。
italia (466)

ここも中央駅、大きい駅です。
italy (872)

ミラノ滞在はわずか半日。
italy (871)
駅のBaggage pointにスーツケースを預け、

身軽になって地下鉄へ。
italy (766)

ミラノの地下鉄のホームはこんな感じ。
italy (767)
小奇麗ですね。


そして、Duomo駅に着いたのだから~もちろん!

italy (821)

Duomo【ドゥオモ】。

1386年着工、500年の歳月を経て1887年に完成したゴシック様式の大聖堂。

19世紀初頭、当時イタリアを支配していたナポレオンがファサード建造を指揮した記録があるのだそう。


この眺めはなんともうっとりするほど素敵なのですが、
すぐにそんな気分が半減する事態になります。

おそらく移民だろうオニイサンたちが(とにかく多い!)
「これ買ってよ~」
と、超しつこいっ!
無理やり手に持たせるんだもん、嫌んなっちゃう。

オニイサンたちも生きるために大変だと思うけど、
勘弁して~



気を取り直して、ドゥオモのチケットを購入し、
milano2.jpg
屋上へあがります。
もちろん、階段で。^^;

生憎、大規模修復中で、屋上テラスまでは登れませんでしたが、
milano.jpg
サイドのテラスは見学できました。
聖人たちの彫像が配されている見事な尖塔群。
135本あるのだそうです。
ミラノの街を眺めることができました。
フィレンツェとはまた違い、建物がカラフルになってきました。


パリのエッフェル塔の時もそうだったんだけど、
二人旅の卒業旅行でここドゥオモを訪れた際、
高所恐怖症の友人をかなり強引に屋上に連れて行ってしまいました。
今となってはいい思い出と言ってくれますが、、、
じーこ、あの時は本当にごめんね!
顔、青ざめてたもんねーー;


milano1.jpg
「足場はこうやって組んでんのか・・・」などとつぶやく理系男子。


大聖堂内部も拝観できました。
milano3.jpg


さて、ドゥオモを背にミラノの街を歩きます。
italy (822)
レトロな雰囲気の路面電車が街を走っていました。

目的地までは2キロくらいだったんかなぁ。
寒かったけれど平地なので楽ちんでした。
地図を片手に無事に目的地到着。

の前に、ランチ。

たぶん、フツーのお店です。
milano6.jpg
だからフツーに美味しかったです^m^


ミラノの目的はドゥオモとココでした。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
italy (831)

卒業旅行で来た時には、予約もせず入れたはずのここは、
その数年後に母と来て入れなかった!
という残念が過去が。。。
ですので、今回はしっかり日本で予約!
が、しかし、ハイシーズンのこの日は1名分しか空いていなくって~><

ということで、初ミラノの夫のみ入場。
12時30分から15分間が観覧時間。
15分刻みで25人ずつ。

白パン、いってらっしゃ~い!
milano4.jpg


そんな予約困難なこの教会にあるものは
レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』。

あの壁画です。
が、撮影禁止。

ウィキベディアへどうぞ→

夫、満足気に戻ってきました。
milano5.jpg
私は広場のベンチでのんびり。
卒業旅行や母との旅行の思い出に浸るいい時間でした。


ちょっとここでひと休み。
いつも旅録お付き合いありがとうございます♪
スポンサーサイト

コメント

No title

レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』って、音符が隠されているというあの絵では!?
その本物が見れるって最高ですね。
それにしても、ダ・ヴィンチは、深いですよねぇ。。。

ゆめさん♪

> レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』って、音符が隠されているというあの絵では!?
> その本物が見れるって最高ですね。
> それにしても、ダ・ヴィンチは、深いですよねぇ。。。

映画のタイトル・・・そうか、「ダヴィンチコード」か。
そういうの、知って見るとまた違うんでしょうね。
私も20年前に観たんですが・・・ほぼ記憶から飛んじゃってます≧∇≦

非公開コメント