09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kumiko

Author:kumiko
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

イタリア旅⑫

2015.09.14 20:12|イタリア旅*2014年末*
italy (846)

『最後の晩餐』のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会を後にし、
スフォルツェスコ城へ。


途中、地図を持って「右かな?左かな?」と分かれ道で迷っていたら、
ミラネーゼの上品なおばさまが声を掛けてくれて、

「スフォルツェスコ城はこちらの道よ。
・・・オーケー!一緒に行きましょう!」

と、レッツゴー!みたいなジェスチャーで一緒に歩いてくれた。
「どこから来たの?」「日本です」とか、そんな会話を楽しんだ。


14世紀にミラノを支配したヴィスコンティ家のガレアッツォ2世が建造。
16~18世紀には城塞として使われた。
italy (839)


なるほど、強固な作り。
italy (844)

お城の前はミラノ万博の会場(5/1~10/31)にもなっていて、パビリオン建設中でした。
italy (848)

「和食文化」がミラノの方たちに紹介されている様子が
時折メディアでも紹介されていますよね。



再び歩いて最初のドゥオモ方面へ。

着いたのは、ドゥオモとスカラ座を結ぶように作られた『ヴィットリオ・エマニュエーレ2世のガッレリア』。
italy (852)

1865年着工、1867年完成の十字形の優美なアーケード。

左にプラダ、右にベルサーチ。
italy (857)
そんなハイセンスなshopやカフェが軒を連ねるところ。


中心のクリスマスツリーの前で写真を撮りたくて、
同じ気持ちのカップルにアイコンタクト^0^

「オ~イエース!」
キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ 

で、夫が撮ってあげてる間に、構図の練習と称してパチリ!
italy (858)

ちょっとぉ~!!
絵になり過ぎてるじゃないのよぉ~!!
うらやましすぎるじゃないのよぉ~!!
ンモォー!! o(*≧∇≦)o″))

現実の私たち(笑)
italy (861)
ま、いっか^0^


ファッションの街ミラノで記念のネクタイ購入♪
italy (866)


ガッレリアを抜けると再びドゥオモ。
italy (869)
やっぱりカッコイイ☆


サヨナラ、ミラノ。


15:05 ユーロスターでミラノを発ちました。
italy (875)
わずか6時間ちょっとのミラノでしたが、満喫しました。



そして向かったイタリア旅最終地、ヴェネツィア。

が、しかし、なかなか着かず。

途中、どこかの駅で1時間かもうちょっと止まっていたでしょうか。
アナウンスが時々流れるのですが、
よくわからない日本人夫婦二人^^;

で、おそらく、そんな電車の遅延なんて慣れっこよ!な雰囲気ののんびりな車内の人々。

そして日もす~っかり暮れてからヴェネツィアのサンタルチア駅に到着。
italy (877)
乗車してきたユーロスター。

サンタルチア駅も終着駅。
italy (878)



ヴェネツィア!!
大学の卒業旅行で廻った都市の中で、一番印象深くて、
その数年後、母と二人で来た街。
ミラノも行ったけれど、私はとにかくここに母を連れてきたかった。
それが叶って、今度は夫と来ている。
嬉しすぎる(泣)。


が、そんな感傷に浸っている場合じゃなく、
暗い中をバポレット(水上バス)の乗り場を探す。
なんか、表示がよくわからないんだよね。
( ̄ヘ ̄;)ウーン.

でも、そんな時にまた優しい人たちが現れる☆
☆(人゚∀`)

60代くらいのご夫婦が
「大丈夫よ、そこへ行くバスよ。
私たちも同じ方面だから、一緒に行きましょうね!」

おかげで安心して水上バスに乗り込めました。
約1時間の船旅。
距離はそんなにないんだけど、小刻みに駅があって、時間を要しました。
italia (553)


ものすご~~~く寒かったけれど(おそらく零下)、
その60代のご夫婦が場を盛り上げてくれて、退屈する暇なんてなかった^^
オーストリアから来たとのことで、こちらもあちらも片言英語。
でもね、通じるのです。
楽しかった~
italy (880)


5つ星のホテルダニエリのそばの船着き場で下車。

もちろん、私たちの泊まるホテルに☆なんざぁ付いておりませんで(苦笑)
プチプチホテルを探す。
小さな看板を見つけてチェックイン。
部屋でほっと一息ついて、夕飯へ。
おそらく21時くらいにはなっていて、お腹ぺこぺこ。

ホテルのおじちゃんに教えてもらった近所のレストランへ。
italy (889)
う~ん、何でもかんでも高いね~≧∇≦
でもいいいい!食べちゃおっ


やっぱり水の都ヴェネツィアですもの、海の上ですもの、魚介類を食べなくっちゃ♪

venezia.jpg

大ぶりの白身魚(イサキだったかな)を頼んでソテーされて出てきたんだけど、
目の前でフォークとナイフでサーブしてくれる。
それもサービスの一つだし、演出だし、それが料金の内なんだろうけど、
ウエイターさんが日本語わからないから本音も声に出す私たち。

「わぁっ!!皮剥がしちゃったよ~!その皮が美味いんじゃん!!」

などど≧∇≦

見事に白身の部分だけが私たちにサーブされました。
ちゃんちゃん!

でも、どれも美味しかったです。

お店の前でパチリ。
italy (892)
こういうディスプレイが多く、食欲そそられちゃいました。


夜のヴェネツィア散策。(治安は悪くないです)
この日は12月30日。明日は大晦日。
明日のここは大変なことになりますよ。
でもこの日はまだ静かでした。

italy (897)
サン・マルコ広場。

9~18世紀の1000年間にわたって栄えたヴェネツィア共和国の
行政、宗教、文化の中心となった大広場。


サン・マルコ寺院。右がドゥカーレ宮殿。
italy (893)

9世紀に建築、10世紀に焼失、11世紀に再建。
12~17世紀に幾度もの改築と修復を経て現在の姿に。
そのため、ロマネスク・ゴシック・ルネサンスの各時代の様式が混合している。
また、14~16世紀に東方貿易で栄えたことから、
ビザンチン様式の影響も濃い。
一つの建物にこれだけ多彩な建築様式が共存し、
調和している例はヨーロッパでも極めて稀で、
それはまさに地中海の覇権を手にした共和国ならではのもの。



広場を囲む旧行政長官府の建物。
italy (894)
回廊のイルミネーションが美しい。


夜のアドリア海を望む。
italy (896)
見えているのはサンジョルジョ・マッジョーレ島にある、島と同名の教会の鐘楼。
母とも行った教会。
明日、行きましょう♪


長い一日が終わりました。
さぁ、明日は大晦日。
スポンサーサイト

コメント

素晴らしい!!

何もかもが素晴らしいです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
外人さんカップル絵になってるね!!
kumiちゃんご夫婦も。。。(^O^☆♪

また次の記事も楽しみにしてます。(^ ^)

ゆめさん♪

> 何もかもが素晴らしいです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
> 外人さんカップル絵になってるね!!

でしょう~☆
こういう人ばっかりなんですよ~
顔小っちゃいし、足細くて長いし~

年内に旅レポ終わるかなぁ。
頑張りまーす!
非公開コメント